コピルアク(コピルアック)についての詳しい解説ページ

サイトマップ
運営者情報

希少で高級品のコピルアク

なかなか手に入らないと言われているコピルアクと呼ばれるコーヒー豆。あまりも高級なため、話題となるほどで、コーヒー好きにとって、一度は飲んでみたいと思われているものです。日本ではコピルアクともコピルアックとも呼ばれるコーヒー豆ですが、どのようなコーヒー豆なのか、特徴や高級品と呼ばれる理由について解説しましょう。

ジャコウネコの糞からとれる

コピルアクとはジャコウネコの糞から採られるコーヒー豆のことです。ジャコウネコの体内で発酵されたコーヒー豆ということで、独特の香りを持つのが特徴です。産出量が少なくなかなか手に入らないため高級品となっています。「コピ」はインドネシア語でコーヒーのことをさし、「ルアク」はジャコウネコのことをさします。日本ではコピルアクともコピルアックとも呼ばれています。

独特の味と香りのするコピルアク

コピルアクとはジャコウネコの糞から採られるコーヒー豆のことです。ジャコウネコの体内で発酵されたコーヒー豆ということで、独特の香りを持つのが特徴です。産出量が少なくなかなか手に入らないため高級品となっています。「コピ」はインドネシア語でコーヒーのことをさし、「ルアク」はジャコウネコのことをさします。日本ではコピルアクともコピルアックとも呼ばれています。

高級品であるコピルアク

スマトラ島やジャワ島、スラウェシ島など、インドネシアの島やフィリピンや南インドで採取されているコピルアック。コピルアックは高級品として知られているコーヒー豆です。それは、幻のコーヒーとまで言われているくらい供給量が少ないせいです。現在では世界各地で手に入れることができますが、かつてはアメリカと日本にしか出回っていなかったと言われています。

コピルアクの魅力を体験

ジャコウネコの糞から採取されるというコピルアク(コピルアック)。とても特殊な方法で採れるコーヒー豆です。そういった方法で取れるコピルアクは味も風味も独特と言われています。供給量が少なく希少なコーヒー豆で高級品。なかなか飲む機会も少ないでしょう。しかし、その独特な味わいはぜひ一度が試してみたいものです。コーヒー通なら特に、コピルアク(コピルアック)の魅力を実感したいものですね。

最新記事

2016.02.01
他のコーヒーとは異なる味わいをみせるコピ・ルアック
2016.02.01
バリ島生まれのコピ・ルアック
2016.02.01
コピ・ルアックよりも希少価値が高い、アラミドコーヒー
2016.02.01
希少価値の高さは世界一。インドネシア産のコピ・ルアック
2016.02.01
産出量が少ない希少なコーヒー豆

No.1

エクーア

シベットコーヒー

安全性
5
品質
5
お求め安さ
5

No.2

世界一高価で希少なコーヒー

コピ・ルアック

安全性
5
品質
4
お求め安さ
4

No.3

アラミドコーヒー

アラミドコーヒー

安全性
4
品質
3
お求め安さ
3

オススメNo1商品はこちら

運営者紹介

コーヒー好きの人は世の中にはたくさんいるものですね。こだわりを持つ人も多く、コーヒー豆やマシンなどに凝っている人も少なくありません。こちらではジャコウネココーヒーの魅力をお伝えしています。ランキングを含め、ジャコウネココーヒーの持つおいしさや味わいを詳しく説明させていただきます。

更新情報