コーヒー豆の種類について詳しく解説したページ

サイトマップ
運営者情報

コーヒー豆の種類についての基礎知識

ブルーマウンテンやキリマンジャロなど、コーヒー豆の種類は豊富です。コーヒー豆にはそれぞれ特徴があり、味も香りも違いますね。いろいろな種類のコーヒー豆を選んで飲んでみると、その違いが分かります。コーヒー豆にあまり詳しくない人は、どのような種類を選べばいいのか迷ってしまいますね。このページではコーヒー豆の種類の基本的な知識を紹介します。コーヒー豆選びの参考にしてみてください。

主な品種は2種類

コーヒー豆の種類は数多くありますが、飲用として栽培されているのは、主にアラビカ種とロブスタ種の2種類です。アラビカ種は酸味が強く香りが甘いのが特徴で、ロブスタ種は苦味が強く、渋みがあります。品種としてはこの2種類が主なものですが、産地ごとに特徴があります。コーヒー豆の種類は、産地だけではなく、自然環境や栽培方法、加工などによって特徴が出てきます。

よく知られているコーヒー豆の種類

コーヒー豆にはたくさんの種類がありますが、中でもおなじみのコーヒー豆の種類と特徴を紹介しましょう。一つはブルーマウンテンです。コーヒーの王様と呼ばれ、酸味や苦味、コク、香りなどバランスの取れたコーヒー豆です。キリマンジャロもよく知られていますね。グレープフルーツのようなフルーティで甘味と酸味を持ちます。また、モカは果実のような明るく軽やかな風味が特徴です。

豊かな香りのジャコウネココーヒー豆

コーヒー豆の中でも高級で希少なのがジャコウネココーヒー豆です。あまりにも供給量が少ないため、幻のコーヒーなどと言われることも。ジャコウネココーヒー豆はジャコウネコの糞から採る豆で、その独特の製法から豊かな香りと味が特徴です。スッキリとした味わいなのに、コクがあり、美味しいと評判のコーヒー豆です。一度は飲んでみたいコーヒーの種類ですね。

さまざまなコーヒー豆を知ろう

よく知られているブルーマウンテンやキリマンジャロ、モカなどいろいろあるコーヒー豆の種類ですが、品種としてはアラビカ種とロブスタ種の2種類があります。さらに産地による自然環境や製法、加工などによって豆の特徴が異なります。中でもジャコウネココーヒー豆はジャコウネコの糞から採れる豆で、その方法から独特の豊かな香りと味わいが特徴。高級と言われるコーヒー豆で、おすすめです。

最新記事

2016.02.01
他のコーヒーとは異なる味わいをみせるコピ・ルアック
2016.02.01
バリ島生まれのコピ・ルアック
2016.02.01
コピ・ルアックよりも希少価値が高い、アラミドコーヒー
2016.02.01
希少価値の高さは世界一。インドネシア産のコピ・ルアック
2016.02.01
産出量が少ない希少なコーヒー豆

No.1

エクーア

シベットコーヒー

安全性
5
品質
5
お求め安さ
5

No.2

世界一高価で希少なコーヒー

コピ・ルアック

安全性
5
品質
4
お求め安さ
4

No.3

アラミドコーヒー

アラミドコーヒー

安全性
4
品質
3
お求め安さ
3

オススメNo1商品はこちら

運営者紹介

コーヒー好きの人は世の中にはたくさんいるものですね。こだわりを持つ人も多く、コーヒー豆やマシンなどに凝っている人も少なくありません。こちらではジャコウネココーヒーの魅力をお伝えしています。ランキングを含め、ジャコウネココーヒーの持つおいしさや味わいを詳しく説明させていただきます。

更新情報